トップ  >  小豆島  >  小豆島観光でバス移動の人はフリー乗車券を買うべき。料金は1日券と2日券があるので本文で。
小豆島観光で悩みどころが島内での移動手段です。
フェリーで自家用車を持ち込むか、バスを利用するか、島でレンタカーを借りるかなど。
バイクや自転車をレンタルする手段もありますが、島が広くて観光施設間の移動も距離があるので現実的ではないですよね。
他にもタクシーをチャーターしたりもありますがお金持ち用ですね。

観光場所に合わせて移動手段を決めよう。
自家用車やレンタカーだと、バスを待つ時間が省けるので効率よく小豆島を観光できます。
特に「二十四の瞳映画村」や「寒霞渓」「大阪城残石記念公園」などの観光を予定している場合は、バスの便数が極端に少ないエリアになるので車がおすすめです。
でも、それ以外の場合。
例えば「瀬戸内国際芸術祭作品巡り」「小豆島オリーブ園」「エンジェルロード」「土渕海峡(世界一狭い海峡)」の場合は、バスで十分です。
車をフェリーで運ぶ航送運賃やレンタカー代も節約できますし。


1日、もしくは2日間たっぷり観光予定の場合はフリー乗車券を買おう。
小豆島のバスは基本的に運賃が安いです。
乗車区間に応じて料金が変わりますが150円~最大300円です。
運賃自体は安いのですが、それでも小豆島観光の方は「小豆島オリーブバスフリー乗車券」がおすすめです。


小豆島オリーブバスフリー乗車券とは
小豆島オリーブバスフリー乗車券は、小豆島島内を走る「路線バス」と「瀬戸内国際芸術祭会期中の臨時バス」の全線が乗り放題になる乗車券です。
1日券と2日券と2種類あります。
瀬戸芸巡りの人は、作品がさまざまなエリアに点在しており乗降回数が多くなるので必須アイテムですよ。


1日券
大人1,000円
小人500円


2日券
大人1,500円
小人750円


どこで買えるの?フリー乗車券。
小豆島オリーブバス(土庄港ターミナル内)
福田港(小豆島フェリー)
安田(瀬戸よ志)
草壁港(内海フェリー)
池田港(国際フェリー)
日生港(瀬戸内観光汽船)
オーキドホテル
ベイリゾートホテル小豆島
前
小豆島(土庄港)から新岡山港までのフェリーについて。時刻表、運賃、所要時間まとめ。
カテゴリートップ
小豆島
次
小豆島東部にある醤の郷(ひしおのさと)に訪れたらご当地グルメの「ひしお丼」を食べよう。

メインメニュー